現代の看護師に求められるスキル

日本もどんどんと国際化が進んできており、東京などの一部都市では外国人の数も非常に多くなってきています。場所によっては十人に一人が外国人であるというデータもあるぐらいです。そういった場所では、もちろん病院にやってくる外国人の方も多くなります。看護師の中にも英語ができる人が何人かいないと、仕事が上手く回らなくなってしまう可能性があります。

これからの時代は、看護師にも英語のスキルが求められる傾向が強くなると予想されます。また英語以外にも、中国語も必要性が高くなってくるとと考えられています。中華街が付近にある病院で、中国語が話せるスタッフが強く求められているという実例もあります。医者も語学には通じていないケースがあり、看護師が語学を習得していれば通訳として活躍することが可能です。結果的に、職場で独自のポジションを築き上げていくことができるでしょう。

語学スキルがあれば、転職が容易な看護師の中でもさらに職場変更がしやすくなります。海外に技術研修に行くこともできるので、将来の幅が大きく広がるでしょう。こういった背景を踏まえて、若いうちに少しでも外国へ行って、何かしらの言語をマスターしておくことをオススメします。語学力も、コミュニケーション能力の一つに数えて問題はないのです。

また、現代では医療の分野でもパソコンを使ってデータを管理することが多くなりました。最低限のパソコンのスキルはあるに越したことはないでしょう。時代の需要に沿った看護師像を目指していけば、どんな場所でも重宝される人材になるはずです。自分ならではの専門スキルを磨いて、医療の世界で貢献していきましょう。看護師として成長するために役立つサイトを見つけたので、こちらも一読してみてください。→【より良い看護経験にするために