ブランクを乗り越えるために

女性は育児のために職場を離れることになるため、復職を予定して育児休暇を取ることになるかと思います。しかし、実際に育児を始めてみると復職が難しいと感じて結局は退職してしまう場合も少なくありません。看護師のように現場の仕事の忙しさをわかっていると、なおさら現場に戻るのは難しいと考えてしまうでしょう。

しかし、数年の育児期間を経てみると、やっぱり働きたいと考える人もいるでしょう。時間に余裕が出てきて自分の仕事をしたいと思うようになるからです。ところが、何年も現場を離れているとブランクがあって思うように働けないのではないかと懸念してしまいます。それが大きな壁となって結局専業主婦として一生を過ごしてしまう人も多いのです。

そのときに注目すると良いのが再就職支援であり、都道府県や市町村によってブランクのある看護師を現場に戻すための研修制度が確立されるようになりました。看護師として若い頃に得た経験を活かす方法として、ブランクを埋めるのは良い考え方です。現場での実務をさせてくれたり、最新の医療技術についての講習を行ったりしてくれるため、一通りの研修を終えれば、現場で働きたいという気持ちがより湧いてくるでしょう。せっかく積み上げた経験を活かすためにも支援制度の利用を考慮してブランクを気にせず再就職できるようにするのは賢い考え方です。現場での需要が高まっているからこその支援制度であり、利用するに越したことはありません。